臨床心理士指定大学院 講師紹介

カリキュラム

講師紹介

高い専門知識と講義手法を有するトップ講師による授業は、明快かつ格調高く受講生を惹きつけます。過去問題を分析し、最近の試験傾向をしっかりと把握した講義が短期合格への道を開きます。

坂井 剛 講師(新宿校、WEB通信)

坂井講師
  • 心理学概論
  • 心理学(社会心理学・研究法分野)
  • 心理統計学

立教大学文学部心理学科卒業。立教大学大学院文学研究科修士課程修了。

坂井先生の著作紹介 院試実戦編

宮川 純 講師(名駅校、WEB通信)

宮川講師
  • 心理学概論
  • 心理学
  • 心理統計学
  • 臨床心理学論述演習

名古屋大学大学院教育発達科学研究科心理発達科学専攻博士課程前期修了。

宮川先生の著作紹介 心理学編&心理統計編

新宿校

  • 鈴谷 桃子 講師
    担当
    心理学(基礎心理学分野)
    プロフィール
    日本女子大学人間社会学部心理学科卒業。同大学院人間社会研究科心理学専攻博士課程後期満期退学。

    「心理学」で知覚・認知心理学の授業を担当する鈴谷です。基礎領域は、臨床心理士を目指す皆さんが最も苦手とされる所のようです。しかしながら、この領域の知識は、大学院受験に必要であることは勿論、臨床領域の理論を支えている大切な知識や考え方を理解するためにも必須科目であります。「心とは何か」という本質的な問題について考えるための科学的基礎知識をしっかりと身に付けた上で、受験に挑み、進学して頂きたいと考えています。

  • 河西 ひとみ 講師
    担当
    臨床心理学論述演習
    プロフィール
    愛知教育大学教育学部卒業。早稲田大学大学院人間科学研究科修士課程修了。

    臨床心理系の大学院は競争率が高いです。受験生活は楽なものではないと思います。そして、大学院入学後も自己研鑽が求められます。その中で、気持ちが大きく揺れたり、落ち込んだり、やる気が出なかったりすることがあると思います。実はそういった時に「自分を知る」ことこそが、臨床においても研究においても得難い糧となるのではないでしょうか。基礎を大切に、長期的には知識を腑に落とすことを目標として、がんばっていきましょう。

  • 福田 麻莉 講師
    担当
    心理系英語
    プロフィール
    東京大学大学院教育学研究科教育心理学コース修士課程修了。同大学院博士課程在学中。

    英語文献を読む力は,大学院入試だけでなく,その先にある研究生活でも求められる重要な力です。心理系の英語文献を読みこなす上では,基本的な語彙・文法知識はもちろん,いかに豊かな心理学知識を有しているかが重要な鍵となります。本講義では,背景にある専門知識の解説を織り交ぜながら,心理学の知識を活かした読解法を学んでいただきます。専門知識と文法知識の相互作用による「心理学のための読解力」を身につけていきましょう。 

新大阪校

  • 亀田 満 講師
    担当
    心理系英語
    プロフィール
    京都大学大学院教育学研究科。

    心理学の勉強は、他の科目のようにただ知識を教科書的に学んで、問題を解くというだけでなく、学ぶことによって、直接自分の生き方、考え方、感じ方が変わる学問です。学ぶことで生きる力をつけてください。

  • 大西 浩司 講師
    担当
    心理学
    プロフィール
    神戸大学大学院文学研究科修士。

    心理学に限らず、学問というものはある意味スポーツと似ています。基礎練習や体力作りをさぼって試合ばかりをやっていてもなかなか上達できないのと同じで、基礎なしでは応用や実戦をしても体系的理解ができるようにはなりません。目標があるならば、たとえ遠回りに感じても基礎作りを大切にしましょう。単に大学院に合格するだけならば断片的な知識でも十分かもしれませんが、無事に修了するためには広い視野が不可欠です。

  • 堀之内 宏成 講師
    担当
    心理統計学/臨床心理学論述演習
    プロフィール
    ジャクソンヒル州立大学大学院心理学専攻課程(アメリカ)

    本講座では、大学院受験に直結する知識、考え方を学習することはもちろんですが、それだけではなく、大学院入学後どのようにそれらを使うかまでの実践的な力をつけるための授業を行います。そして、心理統計学・臨床心理学論述演習を通じて、受験はもちろん大学院でも通用するものごとの本質を知り、批判的に考える知識を身につけてほしいと考えています。