経済系大学院

文系大学院における圧倒的な合格実績。 さらに詳しく。

親身でプロフェッショナルな研究計画書指導。それぞれの必要に応じたフレキシブルなカリキュラムで、難関校合格へ導きます。難関校へ進学する。

社会科学系の難関大学院に合格するための短期速習クラスが新しく4月から開講します。 さらに詳しく。

  • 文系・社会科学系大学院の合格実績はこちら

    合格実績

  • 文系・社会科学系大学院の最新の合格実績はこちら

    合格実績

  • なぜ通信講座で合格できるのか?通信講座の強みをわかりやすくご紹介しています。

    通信講座とは

  • 通信講座サイト「マイルーム」を体験しよう。動作確認や体験受講はこちら

    体験受講

  • 通信講座サイト「マイルーム」を体験しよう。動作確認や体験受講はこちら

    体験受講

講師紹介

毎年、多くの合格者を輩出してきた、実力派講師が、あなたの試験合格を後押しします。講義だけでなく、研究計画書指導も行います。

山城 健講師

大学院入試に合格するには語学や専門科目の記述試験はもちろんのこと、研究計画書や論文によって入学後研究を行っていけるか判断されるため、しっかりと作成することが必要です。進学や専門知識の修得など大学院入学の目的は様々であり、卒業後の進路を見据えた研究のテーマ設定や研究計画書が作成できるようなアドバイスをしています。
横浜国立大学経済学部卒業、一橋大学大学院経済学研究科博士課程谷取得退学。大学非常勤講師

山城講師

カリキュラム

添削指導か対面指導を選択できる「社会科学系 研究計画書対策」を含んだ経済系大学院WEB通信コースをご用意。コースに含まれる科目は「ミクロ経済学」、「マクロ経済学」、「社会科学系論述」を履修する3科目ver.か、そのうち2科目を履修する2科目ver.をご選択可能です。コース受講者は追加で「英文法」を追加で履修することができます。また「英文法」を含むそれぞれの科目は1科目のみの単科でも履修ができます。

黒須講師
  • コース受講には「社会科学系 研究計画書対策」付き。添削指導か対面指導を選択でき、合格レベルの研究計画書作成をサポートします。
  • 「ミクロ経済学」・「マクロ経済学」では経済学の体系的な学力を身に付けます。
  • 「社会科学系論述」では過去問を中心に答案作成練習を行います。
  • コース受講は2科目・3科目をご選択可能。また追加で科目を履修することもできます。(「英文法」以外は通学講座となります。)
カリキュラム詳細
  • ミクロ経済学
    ミクロ経済学

    使用教材:オリジナルレジュメ

    消費者行動・生産者行動・市場均衡・経済厚生・不完全競争・公共経済・不確実性・ゲーム理論・国際貿易などについて体系的に学習をすすめていきます。授業内で微積分などの数学的知識の解説や演習も行います。また、最先端の研究論文、推薦図書などは随時紹介していきますので、研究テーマの探索にもご活用ください。(1回=120分 全7回)

  • マクロ経済学
    マクロ経済学

    使用教材:オリジナルテキスト

    GDPの概念・物価指数・貨幣市場・金融政策・IS-LM分析・国際マクロ経済学・AD-AS分析・インフレとデフレ・経済成長などについて体系的に学習をすすめていきます。「ミクロ経済学」とあわせて財政学・租税理論・金融論・環境経済学・開発経済学など、各専攻に必要な学力を養成します。また最先端の研究論文、推薦図書などは随時紹介していきます。(1回=120分 全7回)

  • 社会科学系論述
    社会科学系論述

    使用教材:オリジナルテキスト

    社会科学系の大学院入試で過去に出題された問題の解説、近く出題されることが見込まれる論題についての答案作成練習を行います。無難な答案を書く力だけでなく、トップ校の入試で必要となる、他の答案とは一味違う論述を展開する力を養成することを目指しています。受験者の多くが書きそうな事柄、あまり多くの人が言及しそうにない事柄について、テーマごとに解説する予定です。この分野では遠くない過去の出来事に関連する設問が多いことから、 グローバリゼーション、地球温暖化、少子高齢化、多文化主義のような頻出テーマに加えて、民主化運動や災害・復興といったテーマも扱う予定です。(1回=120分 全7回)

  • 経済学大学院WEB通信コース

    経済系大学院WEB通信コース[3科目選択Ver.]

    経済系大学院WEB通信コース[2科目選択Ver.]

    経済系大学院WEB通信コース[3科目選択Ver.]

    経済系大学院WEB通信コース[2科目選択Ver.]

    添削指導か対面指導を選択できる「社会科学系 研究計画書対策」を含んだ経済系大学院WEB通信コースをご用意。コースに含まれる科目は「ミクロ経済学」、「マクロ経済学」、「社会科学系論述」を履修する3科目ver.か、「ミクロ経済学」、「マクロ経済学」を履修する2科目ver.をご選択可能です。コース受講者は追加でWEB通信講座「英文法」をはじめ、各種Step Up講座(通学)を追加で受講することも可能です。

研究計画書指導について

研究計画書指導フロー

専門講師による研究計画書指導で合格するための計画書を作り上げます。

  • 概要講義 講師が書き方や作成手順などについて講義。
  • 個別指導1回目 概要講義に基づいて計画書を作成。講師による個別指導を受けます。
  • 個別指導2回目 適宜、2回目の指導を受講します。
  • 個別指導3回目 適宜、3回目の指導を受講します。


完成!

サポートシステムについて

  • 研究計画書を公開しています。
  • チューターが研究テーマなどの相談を受けます!
  • 学習進捗を管理をテキストでバックアップ!

サポートシステムの詳細

スケジュール

WEB通信講座の教材発送・視聴開始日をご案内します。 ※WEB通信講座のお申込期限は2019年2月24日(日)です。

  • スケジュールの詳細を見る。

    教材発送・視聴開始スケジュール

    科目 回数 テキスト発送日 動画視聴開始日
    ミクロ経済学 7回 2018/4/20(金)以降、お申込完了から5日以内に発送 2018/4/27(金)より順次視聴可
    マクロ経済学 7回 2018/4/20(金)以降、お申込完了から5日以内に発送 2018/6/22(金)より順次視聴可
    社会科学系論述 7回 2018/4/20(金)以降、お申込完了から5日以内に発送 2018/5/25(金)より順次視聴可
    英文法 13回 2018/4/3(火)以降、お申込完了から5日以内に発送 2018/4/6(金)より順次視聴可

    受講期限

    受講コース・科目 受講期間
    経済系大学院 WEB通信コース 6ヶ月※
    ミクロ経済学、マクロ経済学、社会科学系論述 3ヶ月※
    ※期限内であっても、2019年3月31日が最終期限となります。

受講料

指定大学生協・書店でお申込をされた場合、5%割引受講料でお申込いただけます。 また、WEBお申込では、入会金10,000円免除&5%OFF受講料でお申込いただけます。

  • 受講料の詳細を見る。
    コース/科目名 正規受講料 5%割引受講料
    経済系大学院 WEB通信コース[3科目ver.] ¥255,960 ¥243,162
    経済系大学院 WEB通信コース[2科目ver.] ¥183,600 ¥174,420
    ミクロ経済学 ¥75,600 ¥71,820
    マクロ経済学 ¥75,600 ¥71,820
    社会科学系論述 ¥75,600 ¥71,820
    英文法 ¥112,320 ¥106,704

    注意事項

    • 初めて河合塾KALSの講座を受講される方(入会金不要の講座等の受講経験者も含む)は、受講料に加えて入会金10,000円が必要です。
    • 指定の大学生協・大学内書店をご利用の場合は、入会金は免除となります。
    • 指定の大学生協など代理店を通したお申込みでは、5%割引受講料が適用されます。
    • 元河合塾生の方、現在KALS講座をご受講の方が追加受講の場合は、5%割引受講料が適用されます。過去にKALS講座を受講された方の割引特典(再チャレンジ割引)については、校舎窓口までお問い合わせください。
    • 表示金額は、いずれも税込金額です。授業で使用するオリジナル教材の費用は、受講料に含まれています。なお、科目によっては、参考図書を別途購入していただく場合があります。
    • 講座開講後の途中入講も随時、受け付けています(講座・コース・科目およびクラスごとに受講期限がありますので事前にご確認ください)。すでに終了したLIVE講義につきましては、個別のDVD受講となります(予約制/視聴期限あり)。受講料は途中入講の場合も同一です。
    • やむなく受講の取消をする場合、受講開始前であればいただいた学費(入学金・受講料等)は返還いたします。受講開始後、(受講を)継続できない際は、所定の手続きにより当校規定に基づく退学時期に応じた受講料を返金いたします。なお、いすれも当校規定の返金手数料(原則、返金額の8%)が必要となります。
    • 通信講座についての詳細は、当校WEBサイト(http://www.kals.jp/procedure/law/)の「特定商取引に基づく表示」をご確認ください。
    • 同一科目名で複数日時に設定されている科目については、お申込みの際、クラス(曜日・時間帯)をご選択ください。なお、お申込みいただいた講座・コース・科目およびクラスなどの変更、ならびに校舎間・クラス間の振替受講(DVD視聴を含む)はできません。ご了承ください。
    • 教室定員に達した時など、予告なく募集を締め切る場合があります。また、受講者数が最少開講人数に満たない時、その他やむを得ない事情にて講座を中止あるいは受講形態を変更する場合があります。